ちゅらりも

ちゅらりもはVIOに使っても良いの?成分から安全性もチェック!

肌見せや、水着を着る機会が増える時期になると気になる「ムダ毛」ですが、なかでも処理に困るのがVIO(デリケートゾーン)。

ついついケアを怠ってしまいがちな場所ですが、旅行のタイミングでいざ!という時などに処理に困ったことはありませんか?

VIO(デリケートゾーン)の処理の仕方は、「医療脱毛」「シェーバー処理」「ブラジリアンワックス」など様々。

私も長年シェーバーで処理をしてきましたが、処理をしたあとのチクチク感や、処理する部分が見えづらいので完全に処理しきれなかったりと不満も多く、何かいいアイテムないかと探していました。

そんな時に、SNSで除毛クリーム「ちゅらりも」を見つけました☆

ちゅらりもは除毛・抑毛・保湿すべてを兼ね備えたオールインワン美容除毛クリームです!

ちゅらりもをお肌に塗ってたった10分置いておくだけでしっとりツルツルになれ、お肌に優しい成分がたっぷり入っているので、敏感肌の方にもおすすめです♩

そうは言ってもVIO(デリケートゾーン)はお肌の中でもかなり敏感なゾーン。

本当に使っても大丈夫なのか、気になるところですよね。

ここからは、実際にVIO(デリケートゾーン)に使ってみた感想をご紹介します。

↓今なら初回購入が定価の79%↓

ちゅらりもはVIO(デリケートゾーン)に使っても良いの?

ちゅらりもは、お肌に優しい成分配合でしっとりスベスベ肌にしてくれると話題。

私もはじめに購入した時は、まず腕・足・ワキで効果を試してみました。

感じたことは、肌がヒリヒリしない!

そして除毛後のしっとりツヤツヤな仕上がり!

他社の除毛クリームをドラッグストアなどで購入し使用したこともありますが、敏感肌の私は肌が赤くなっていたので不安でした。

しかし、ちゅらりもは肌にのせてもヒリヒリすることなく、むしろお肌がキレイになりました。

ならばVIO(デリケートゾーン)にも使えるかもと思い「ちゅらりも」の公式HPを調べてみることに。

するとこんな記載が。

「ビキニラインなどのデリケートなお肌の部位には使用しないでください」と書かれています。

でも、足や腕の部位ではヒリヒリせず使用できるので、同じようにVIO(デリケートゾーン)にも使えたら嬉しいですよね。

そこで、自己責任にはなりますが実際に「ちゅらりも」をVIO(デリケートゾーン)に使用してみることにしました!

ちゅらりもをVIO(デリケートゾーン)を使った感想

実際に使用する前に、他の人の口コミを検索してみることにしました。

女性の口コミ
女性の口コミ
V・Iラインに使用しました。
置く時間は10分では効かなかったので30分くらいおいてみました。
VIの毛は太すぎるのかツルツルという訳にはいきませんでしたが、継続することで抑制効果もあるようなので継続して使ってみようと思いました。
低刺激がウリだけあって、ヒリつきはありませんでした。
女性の口コミ
女性の口コミ
今までカミソリで自己処理して来たのですが、毛が伸びかけて来るとチクチクするし、見た目もキレイじゃなくて気になっていました。
ちゅらりもは肌に優しい成分が配合されていると公式サイトに書いてあったし、特に肌も敏感ではないので、VIOにも使ってみることにしました。
最初はヒリヒリしないかドキドキしましたが、とくに刺激も感じなくキレイに除毛することができました!
今のところチクチク感も無いので気に入っています♪

検索してみると、意外と「ちゅらりも」をVIO(デリケートゾーン)に使用している人は多いようでした!

ドラッグストアなどで販売している他の除毛クリームにもVIOの使用はできないと書かれていますが、実は使用している人は多いということですね。

ですが、人によっては肌荒れ・赤み・刺激を感じてしまうことがあるので、使用する場合は自己責任で使用してください!

私も「ちゅらりも」をVIO(デリケートゾーン)へ使用してみましたが、特に肌がヒリヒリすることはありませんでした。

除毛直後は毛穴に残り黒ズミっぽくなりましたが、保湿クリームなどのケアを続けて2日程で残っていた毛根付近の毛も無くなり満足いく除毛ができました。

 

特に良かったのが、ちゅらりもは塗りやすく液だれの心配がないので、しっかり粘膜を避けて塗ることができたことです♪

万が一は避けたいので、素人でも扱いやすいのは良かったです。

ちゅらりもの成分をチェック

VIO(デリケートゾーン)はお肌の中でも敏感ですし、粘膜が近い繊細な部分です。

繊細な部分にも「ちゅらりも」は安心して使えるのか気になるところですよね。

繊細な部分にも除毛クリームを安心して使用するために、必要な要件をまとめてみました。

  • 医薬部外品であること
  • 肌に優しい成分が配合されていること
  • 除毛クリーム独特のきついニオイがないこと

一つずつ、ちゅらりもの成分と照らし合わせて解説していきます。

ちゅらりもは医薬部外品

ちゅらりもはチオグリコール酸カルシウム配合。

毛を溶かして除毛することで、カミソリのような痛みも少なく、皮膚への負担が最小限に抑えられています。

使い続けることで抑毛効果もある、皮膚科医お墨付きの医薬部外品です。

「ホンマでっか!?TV」などメディアに多数出演している、天神レディースクリニックの森智恵子医師も「ちゅらりも」の安全性をおすすめしています。

森智恵子医師のコメント>>

肌に優しい成分が配合

除毛クリームは毛をしっかり溶かしてくれる分、肌には負担がかかります。

除毛後のお肌のケアをしてくれる成分が配合されているかどうかも、繊細な肌に使用できるかどうか大切なポイントになってきます。

その点、「ちゅらりも」には肌に優しい成分が多数配合されています!

主に入っている成分として以下の3つがあります。

  • グリチルリチン酸 2K
  • 大豆エキス
  • アロエエキス−2

グリチルリチン酸 2K

敏感肌用の化粧品にもよく使われる、お肌に優しい成分。

抗炎症作用があるため、敏感肌でも、炎症を抑えたりアレルギー症状を抑える作用が期待できる。

大豆エキス

イソフラボン、タンパク質、サポニンなどの有効成分配合。

優れた保湿効果がお肌のきめを整え、潤いを与え、肌本来の健康をキープしてくれます。

さらに、イソフラボンの女性ホルモン様作用は、発毛抑制効果も◎

アロエエキス−2

医薬品として胃腸薬、便秘薬などに活用され、シミ、ソバカスを予防するスキンケア化粧品として活躍。

肌の調子を整える様々な働きがあり、殺菌、抗炎症効果、美肌効果、美白効果があり。

傷を治癒する効果に優れ、素肌を整えてくれるので、除毛後のトラブルからお肌を守ってくれる。

除毛クリーム独特のきついニオイが無い

除毛クリームを使ったことがある人はわかると思いますが、「ツン」とした独特のニオイが気になる人も多いですよね。

除毛クリームは定期的に行う必要があるため、あのニオイで気持ち悪くなり使うことができない人も多いと思います。

「ちゅらりも」は天然香料のラベンダーオイルを使用しているので、独特のニオイがなく、むしろ良いニオイを楽しみながら除毛することができます♪

ちゅらりもをVIO(デリケートゾーン)に使う場合の注意点

「ちゅらりも」が安心な成分配合ということはわかりましたが、実際にVIO(デリケートゾーン)に使うとなると、不安ですよね。

そこで、私が実際にVIO(デリケートゾーン)に使った時の注意点をお伝えします。

  • 除毛したい部分が乾いた状態で塗る
  • 粘膜には塗らない
  • 長時間置かない

除毛したい部分が乾いた状態で塗る

濡れている状態だと毛1本1本にクリームが絡まず、効果が出にくいです。

乾いた状態で塗りましょう。

粘膜には塗らない

VIO(デリケートゾーン)はとてもデリケートな部分なので、粘膜につかないよう鏡などを使って慎重に塗りましょう。

私は、肛門には事前にワセリンを塗っておきました。

長時間置かない

10分以上置くことは危険です。

時間がきたら、優しく布やティッシュなどで拭き取ってから洗い流しましょう☆

 

また、当然ですが生理中・妊娠中などホルモンバランスが乱れやすいタイミングでの使用は避けましょう!

肌荒れや不調の原因につながります。

少しでも調子が優れない時は、使用をやめておきましょう!

ちゅらりもはVIO(デリケートゾーン)にも使用できるのか検証まとめ

VIO(デリケートゾーン)の処理は、ムダ毛の中でも一番処理に困る部位ではないでしょうか。

「ちゅらりも」なら、肌に優しく安心して手軽にケアできますよ☆

口コミや評判は良いコメントが多く満足度が高いのが分かります。

ただ先述した通り、VIO(デリケートゾーン)は非常にデリケートな部位です。

公式サイトでの推奨はされていませんので、あくまで自己責任で使用してくださいね☆

事前に腕や足などの目立たない場所でパッチテストをした上で使用しましょう!