PGブラ

PGブラは妊娠中に使える?産後すぐや授乳中の着用について解説

PGブラ

今回は、PGブラの妊娠中・産後すぐ・授乳中の着用について徹底解説します。

公式サイトの解答を元に、安全に着用できるかを紹介していきます。

公式サイトでは、妊娠中の着用はOK!

しかし、注意点も何点かありますよ。

今回は、バストケアが重要になる妊娠中・産後すぐ・授乳中のPGブラ着用について分かりやすく解説していきます。

今だけブラックがおまけでついてくる
お得なセットでの購入がおすすめ

▲▲つけているだけで美バストゲット▲▲

PGブラは妊娠中に使える?

妊婦
妊娠中も使うことが出来ます。

公式サイトの解答や、妊娠中に使えるポイントを解説します。

公式サイトでは「妊娠初期はおすすめ」

公式サイトでもバストの変化が始まる妊娠初期は特に使用がおすすめ!との記載があります。

このように、肩の負担も軽減されると記載がありますね。

妊娠初期は体の変化がドンドン起こってくる時期。

ではなぜ妊娠中にオススメなのでしょうか?

妊娠中にオススメなのはなぜ?

妊娠すると、母乳を出すために乳腺が発達します。

バストの形は前へ前へと高くなるのではなく、乳房の下半分から脇へと大きくなります。

そして、乳腺が発達してずっしりと重たくなります。

同じCカップでも妊娠前とは形や容量が大きく違います。

ですが、クロスベルトでバストを包み込んだり、4段階ホックで微調整もできるためバストの急激な変化にも対応できるつくりなんですよ♪

妊娠中期以降は?

お腹のふくらみが大きくなったら、アンダーバストがきつくなるかも

PGブラには残念ながらマタニティサイズはありません。

しかし、PGブラはXS~LLサイズとサイズ展開が豊富なので妊娠中のバストサイズに合えば使用可能です。

ただし、妊娠後期になるとバストが大きくなりすぎてサイズ内であっても、着用することで胸が苦しくなる恐れがあります。

その際は医師に相談の上、使用を控えましょう。

お医者さんに聞くのが一番!苦しくなったら無理はしないで。

PGブラは産後すぐにつけても大丈夫?

産後すぐにつけても大丈夫。でも、サイズが変わっていたり、締め付けが苦しくなるかも

産後すぐにつけても問題ありませんが、赤ちゃんを産むと授乳をする必要がありますよね。

授乳については、頻度やミルクなど人によって様々。

授乳中に使えるか検証しましたので参考にしてください

それぞれの体調によりますが、1か月程度は様子を見て、体を休ませる方を優先した方がいいでしょう。

PGブラは授乳中でも使える?

授乳中
結論から言うと、基本的には着用しても大丈夫です

授乳中からバストケアに力を入れるのは卒乳後のバストにがっかりしないためにもとても重要です。

しかし、公式サイトの解答や口コミから、着用中に注意しなければいけないポイントを発見しました。

順番にチェックしていきましょう。

公式サイトの解答

妊娠中や授乳中の使用に関して、公式サイトでは以下のように記載されています。

バストが徐々に大きくなっていく妊娠初期段階においては、バストをしっかりと支えてくれるので使用をおすすめします。使用することで肩の負担も軽減されます。

しかし、妊娠後期や授乳中はバストが大きくなり過ぎ、着用することで胸が苦しくなってしまう事があります。その際は、医師に相談の上、ご使用をお控えください。

肩紐でしっかりとバストを上に持ち上げてくれるので、肩の負担がかなり軽減されます。

授乳中に大きくなったバストは重力で垂れやすくなるので、しっかりと支えてくれるブラをつけるといいでしょう。

しかし、締め付けが強すぎると苦しくなってしまう事もあります。

授乳中に着用する場合の注意点

締め付け感が強いので、サイズには注意をしてください。

このブラは締め付け感が強く、アンダー部分にはソフトワイヤーが使用されています。

サイズの選択は要注意です。

胸が張っていて苦しい場合やワイヤーが当たって痛い場合は使用を控えてください

さらに、出産直後は授乳頻度や母乳の量によってバストの変化が起きやすい時期。

その時に購入してもサイズが合わない場合があります。

PGブラの着用は「授乳ペースが落ち着いてから」着用することをオススメします。

授乳中にPGブラを着用するメリット・デメリット

ここでは、PGブラを着用した際のメリット・デメリットを解説します。

着用するメリット
  • バストがしっかり支えられるため、大きくなったバストでも肩の負担が軽減される
  • 早くからバストケアをすることで卒乳後のバストケアが楽になる
  • 4段階ホックでサイズ調整も可能

 

着用するデメリット
  • 締め付け感が強いので人によっては苦しい
  • パッドを入れ替えることはできないので、母乳パッドは物を選ぶ

これらのメリット・デメリットがあります。

PGブラを着用したまま授乳できる?

PGブラ

実際に授乳スタイルに合うかどうか、PGブラの構造と共にご紹介します。

パッドの固さは?

パッドはとても柔らかい素材で、下の部分が厚くなっています

授乳中の胸はとても敏感なので、優しく包み込んでくれる柔らかいパッドは嬉しいですね。

授乳時にずらせる?

授乳するときにブラを外すのは面倒ですよね。

PGブラは、カップの部分を下にずらすことで授乳ができます。

その際に、アンダーのアジャスターを少しゆるめると授乳しやすくなりますよ。

しかし、胸が張っているときはブラがきつくなるのでカップをずらしにくくなることも。

下げたカップが赤ちゃんの顔に当たってしまう事もあるので注意が必要です。

母乳パッドは付けられる?

このブラはパッドがブラにくっついていて、取り外せないようになっています。

そのため、洗って入れ替える母乳パッドは付けられません

使い捨ての母乳パッドを貼ってブラを着用することはできます。

まとめ

PGブラは妊娠中にもマタニティブラとして使用できましたね!

特に妊娠初期は、変化する胸をしっかりと包み込むため肩の軽減が減りおすすめです。

妊娠中にしっかりとバストケアをすることで胸が垂れてしまうことや、形の崩れを軽減できます。

体調に無理のないようにPGブラでバストケアをしましょうね。

サロン技術で美バストを目指す

寝ているだけでバストケアができる!!