PGブラ

PGブラの正しい付け方を画像で解説!付け方を間違うと効果がでない!?

PGブラ

今回は、PGブラの正しい付け方を画像で解説します。

PGブラは、バスト周りのお肉を全て集めてくれ、寝返りもしても正しい位置をキープしてくれるナイトブラです。

しかし、クロスベルトやホックの量が多く、着用方法に戸惑いますよね。

正しい付け方をすることで、効果を高めることもできるため、しっかりと画像で確認しながら着用してみて下さい。

付け方を間違えると効果が思うように発揮できない場合もあります。

PGブラの正しい付け方を動画・画像で知りたい人はチェック!

\つけた瞬間に谷間メイクできる

1枚当たり3,600円

PGブラの正しい付け方は?

公式Youtubeでも紹介されています♪

PGブラの正しい付け方を徹底解説!

この付け方は公式サイトで紹介されているもので、より効果が出やすくなります。

何度も読み返してマスターしましょう♪

①肩紐とアンダーフックを調整

PGブラ

まずは、肩紐とアンダーフックを調整します。

肩紐は、指が1~2本入る程度の余裕を持たせて調整しましょう

アンダーフックは、自分のアンダーサイズに合わせて出来るだけぴったり合わせるのがおすすめです。

アンダーの位置を合わせるときは、おじぎをするように少し前かがみの姿勢になると合わせやすくなります。

胸を持ち上げるようなイメージで着用しましょう。

➁お肉をカップの中に入れる

PGブラ

次は、バスト周りのお肉をカップの中に入れ込みます。

背中や脇、アンダーバストのお肉を持ってきます。

左側のバストメイクをする際には、左手をアンダー脇に入れて、右手で背中や脇のお肉を斜め上に持ち上げるイメージで集めてきます。

順番としては、まずはじめにアンダーバスト、次に背中、最後に脇、という順番にお肉を持ってくるとカップの中に収納しやすくなりますよ。

右側のバストメイクをする際は、右手をカップ脇に入れて左手でお肉を集めてきます。

③前方クロスフックを調整

PGブラ

ここまで出来たら、しっかりと着用できているか一度鏡の前で確認しましょう。

脇にお肉が逃げていないか、着用に違和感がないかチェックします。

カップからお肉がはみ出していたり、ブラの上にお肉が乗っていたりする場合は、もう一度バストメイクからやり直してみましょう。

キレイにお肉が収納できていることが確認できたら、最後に前方のクロスフックを調整します。

クロスフックは前方の左右に2カ所あります。

バストをしっかりとホールドしてくれるように調整しましょう。

正しい使い方で6つの構造が効果を発揮!

バスト

PGブラは6つの特徴があり、正しい付け方をすることで、その効果を発揮します。

パワーネット

サイドにあるネットのことで、脇のはみだし肉や背中の段差を防いでくれます。

幅も広いのでお洋服にも響かず、昼に着用することでよりバストだけでなくスタイルアップにも役立ちます。

肩紐ストラップ

肩ひもストラップは通常のブラジャーよりも少し太め。

強い力で胸を上に引き上げることができます。

ここで効果を高めるのはバストトップの位置!

下垂に悩む人はこの肩紐ストラップが解消してくれます。

ソフトワイヤー

ソフトワイヤーは、ハードワイヤーより柔らかく、ゴムよりもバストを集める効果を持ちやすいです。

寝心地にも配慮されているので、寝苦しさに不安な人も安心ですね。

固すぎないのでアンダーバストの締め付けで胸の下が赤くなってしまう人にもおすすめ。

クロス構造ベルト

胸の前でクロスになっているため、バストをしっかり寄せてくれます。

左右の広がりや離れ乳に悩む人は、クロス構造ベルトが解決してくれるでしょう。

さらに、寝返りによるずれも防いでくれるため、安心してお休みできますね。

昼着用時も、動きによるずれを防ぐだけでなく、胸の広がりによる着ぶくれも防いでくれます。

4段階調整アジャスター

アンダーベルトには4段階のホックがついています。

自分の体にフィットさせることができるので、より効果を高めることができます。

オリジナルフック

フックの部分に厚みがあるので、就寝中の痛みや圧迫を少なくすることができます。

ブラジャーをつけて眠ることに慣れていない人でも安心ですね。

PGブラ着用時の注意点

次は、PGブラの着用時に注意してほしい事をまとめます。

バストメイクは丁寧に

バスト周りのお肉を集めるのは、決してサボらないように。

少し手間がかかるので、前方のクロスフックだけでお肉を集めたくなってしまいますよね。

でも、クロスフックだけでバストを寄せ集めようとすると、胸に無理な力がかかってしまい、結果として胸が垂れたり離れたりしてしまうんです。

せっかくのナイトブラの効果が台無しになってしまうので、丁寧にバストメイクするようにしましょう。

きつすぎやゆるすぎはNG

ホールド感を求めるあまり、きつく締めすぎるのはよくないんです。

バストを締め付けてしまうと、バスト周りの血行が悪くなってしまったり女性ホルモンの分泌が少なくなってしまったりします

その結果、胸の成長を妨げてしまうことに。

反対に、ゆるく付けるのもよくありません。

ゆるすぎると寝ている姿勢で胸をしっかりとホールドできず、脂肪が背中や脇に流れてしまいます

日中に着用する場合でも、ゆるすぎるとバストにかかる衝撃を支えきれず、胸が垂れる原因となってしまいます。

PGブラはサイドにもバックにもアジャスターがついているので、自分の胸のサイズに合わせて調整するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、PGブラの正しい付け方について紹介しました。

慣れるまでは着用するのに少し時間がかかるかもしれませんが、鏡を見ながら丁寧にバストメイクするようにしましょう。

付け方を間違えてしまうと、本来の効果が十分に発揮されません。

しっかりと正しい付け方をマスターしてバストアップを目指しましょう!

理想のバストに近づくために、PGブラをデイリー使いにしてみませんか?

バスト専門の人気サロンが完全監修

▲まとめ買いで1,900円もお得▲